東京大空襲・戦災資料センター  いのはなトンネル  空襲の爪跡

ランドセル地蔵

相即寺

  東京・八王子市にある平凡なお寺ですが、朝日新聞の記事を読んで訪ねてみることにした。

 

このお堂は、八王子城が秀吉に攻められ落城した時の犠牲者でこのお寺縁りの戦没者を供養するために造られ、中には150体のお地蔵様が安置されています。

 

ランドセル地蔵

太平洋戦争で米軍の空襲が激化してくると、市街地に住んでいる人たちは親戚のいなかや郊外に疎開するようになってきました。そして子供達も集団で郊外に疎開させられました。

東京郊外の八王子市にも約1,200人の子供達が都区内から疎開してきました。その疎開児の一人、当時品川区立原国民学校の四年生だった神尾明治君は、兄や級友と一緒に八王子市の「隣保館」で疎開生活をしていましたが、昭和20年7月8日、米軍機P51の機銃掃射が幼い明治君を襲ったのです。そして明治君は「お兄ちゃん、痛いよー」と苦痛を訴える言葉を最後に短い人生を閉じました。

その悲報を聞いて駆けつけたつけた母親が我が子の死を悲しみ、今や形見になってしまった明治君のランドセルを子供の面影に一番似た堂内の地蔵尊に背負わせたのです。これがランドセル地蔵の由縁です。

次の写真は後に設けられたランドセル地蔵ですが、お堂の中には長い歳月で風化したランドセルを背負っているお地蔵様が今でも祭られています。

その母親も約半年後に亡くなっています。

お堂の中は真っ暗

相即寺境内の慈母観音

ランドセル地蔵の逸話は、人々の記憶から忘れ去られていましたが、童話作家古世古和子さんの取材活動により偶然に真相がはっきりした悲しい出来事です。

私が当寺院を訪問するきっかけになった朝日新聞のローカル版「マイタウン多摩」に連載された記事を紹介します。

 

第6部ふる里・八王子ランドセル地蔵(T) 
77年8月2日の昼過ぎ。児童文学者の古世古和子さん(74)は、相即寺(八王子市泉町)に近い泉のほとりに立っていた。市街地が焦土になった八王子空襲からちょうど33年目の日だ。あちこちの家で三十三回忌の法要が営まれていた。自分も知人宅のお参りに行った。それからバスに乗って相即寺などに立ち寄り、泉まで足を延ばしたのだ。

63年に八王子の小学校教員を辞め、児童文学者として独立した古世古さんは当時、ある男の子を追いかけていた。戦争末期、相即寺の近くにあった施設に集団疎開し、機銃掃射で死んだ品川の児童だった。簡単な報告があるだけで、名前も学年も、いつの空襲かも分からない。

自転車をこいで近隣住民に尋ねて回った。だが、探し出せないまま歳月が過ぎ、大空襲から33年目を迎えたのだ。泉にはエノキの大木がある。男の子の取材でかけずり回った時も、その木陰でよく一休みした。取材中、農家に聞いた話を思い出した。

「疎開の子らはな、毎朝、この泉の周りを取りまいて、歯を磨き、顔を洗って、『お父さん、お母さん、おはようございます。今日も一日頑張ります』と東の方へおじぎをしていたよ」その情景を思い描いた時、子供たちの楽しげなさざめきが聞こえてきた。近くの新設校からだ。

「あの子たちは自分と同じくらいの子が機銃で命を落としたことを知っているだろうか」その時、強く思った。分かっていることだけでもいい。書かなければいけない。 (8/24)

 第6部ふる里・八王子ランドセル地蔵(U) 
戦争末期、恩方村など当時の八王子市周辺にあった村々には、都心部から学童が集団疎開していた。受け入れ施設は32カ所におよび、1200人を超える児童が集団疎開していたとの記録がある。その中の一人の男の子が機銃掃射で死んだのだ。

男の子は品川区原国民学校(現・区立原小学校)の児童だった。同校は44(昭和19)年8月から恩方村と元八王子村に児童が集団疎開し、寺や公会堂などに分散して生活を送っていた。男の子がいた隣保館保育所は元八王子村にあり、もとは農繁期に農家の子供たちを一時的に預かる託児所だったという。

だが、児童文学者の古世古和子さん(74)がいくら取材を重ねても、男の子の詳しい情報はつかめない。原小の校長からはていねいな手紙が届いたが、「集団疎開を出した」という沿革史の記録以外は分からないとの答えだった。

ただ「事件」を記憶している人はいた。その一人が隣保館の近くにある相即寺住職の豊島徳宝さん(故人)だった。「昼食を済ませてすぐ、突然の空襲があり、外にいた私は大きな木の下に身をかがめました。3機が本堂の上を通り過ぎ幾度か旋回して猛烈に機銃掃射しました。その時、疎開の子がなくなったのです」と話してくれた。

だが、事件当時は亡き父が住職で、徳宝さんは恩方の学校で先生をしていた。それ以上のことはやはり分からなかった。泉のほとりに立ち、「書かなければ」と、古世古さんが決意した77年8月2日からしばらくたったある日。男の子を取り上げた作品の構想が浮かぶ。一匹の黒猫との出会いがきっかけだった。(8/25)

 第6部ふる里・八王子ランドセル地蔵(V) 
児童文学者の古世古和子さん(74)がよく足を運んだ泉のそばには神社があった。境内は古木が茂っている。ある時、社の裏側を歩いていると、何やら気配を感じた。猫だ。黒い大きな猫が切り株の上に座っていた。その周りにもたくさんの猫がいた。黒猫は境内を出た古世古さんの足元をすりぬけ細い道に入っていく。後を追うと、生け垣の中に入ったまま、振り返ってこちらをにらんでいた。

飼い猫が時々家を抜け出し、神社の裏で仲間と会っているのだろうか。「そうだ。猫を登場させよう」これまでの取材に空想を交えて書き上げた「家出ねこのなぞ」(79年)は相次ぐ猫の家出事件に挑む小学生たちを軸に物語が進む。

「犯人」は傷ついた黒猫の面倒をみているおばあさん。若い頃、疎開学童の世話をしていて、自分の家の子猫と一緒に「ケンちゃん」が機銃に撃たれて死んだ。その三十三回忌がめぐり、ケンちゃんが好きだった猫を多く集めて一緒にお参りしていたという結びだ。

ねこばあさんが帰ったあとも、教室はしんと静まっていた。「ぼくらと同じ年の子が、戦闘機のタマでうたれたんだね|」。ツトムがいって、血の気がすっかりなくなってしまったような顔のアスパラくんは、「しらなかった!」と、つぶやいた。

できあがった本を取材で世話になった人たちに届けた。翌日、相即寺住職の豊島徳宝さん(故人)から電話があった。

「ケンちゃんに合掌しました。このような物語をお書きになるなら話せばよかったのですが、実は私の寺の地蔵堂のお地蔵さんがケンちゃんのランドセルをしょっているのです」 (8/27)

第6部ふる里・八王子ランドセル地蔵(W) 
79年11月28日、相即寺住職の豊島徳宝さん(故人)の案内で地蔵堂に入った時の様子を、古世古和子さん(74)は今も忘れない。地蔵堂は、戦国武将北条氏照の居城だった八王子城が1590年6月23日に豊臣秀吉の関東攻めで落城した際、その戦死者を供養するために建てられた。150体の地蔵が安置され、当時は年に一度、6月23日に開けられるだけだった。

「このお地蔵さんです」と徳宝さんが指さした。その地蔵の顔はふっくらと丸みを帯び、長い歳月で風化したランドセルを背負っていた。今の子どもが使うものより一回り小さく、厚紙に革に似せた加工をしていた。肩ひもは継ぎ当て布を重ね、たこ糸のようなもので一針一針縫ってあった。

「葬式にみえたケンちゃんのお母様が『このお地蔵さんはあの子によく似ています。ランドセルをかけさせて下さい』と、先代住職だった私の父に頼んだそうです」と徳宝さんは打ち明けた。そして、続けた。

「『命日には必ずお参りにきます』とおっしゃり、お帰りになったそうです。私は母から『あの方はいつか来られる、だから大切に保管するように』と言われました。でも一度も来られませんでした」徳宝さんの父母も亡くなり、分からずじまいになってしまったという。

だが、探し続けてきた「ケンちゃん」の本名は間もなく分かる。
「家出ねこのなぞ」を読んだ品川区立原小学校教頭が戦時中の学校日誌などを調べ直し、相即寺に連絡してくれたのだ。「ケンちゃん」は、原国民学校4年生だった神尾明治(あきじ)君。品川区西大井で酒店を営む常作さんの次男だった。 (8/30)

第6部 ふる里・八王子 いのり(T) 
神尾忠明さん(70)=静岡県富士市=は「あの日」から数カ月間の記憶がほとんどない。「あの日」。1945年7月8日。よく晴れた、暑い夏の一日だった。元八王子村の隣保館保育所には、品川区原国民学校の疎開児童攝lが生活していた。忠明さんはその6年生だった。

昼前。児童全員が庭に机を並べ、その上に布団を干していた。突然警戒警報が鳴った。あわてて布団を取り込み始めた。硫黄島から飛来した3機のP51戦闘機が上空に姿を見せた。布団を取り込むのもやめて室内に入り、廊下へ避難した。当時、警戒警報は増えていた。いつもは上空をB29爆撃機が通り過ぎていくだけだった。艦載機が飛んできても、標的は陸軍航空隊のあった立川飛行場だった。

ところが、その日は違った。
木造の長屋建築だった隣保館にいきなり機銃掃射の嵐が襲いかかってきたのだ。講堂の天井や壁、板の間の床が、たちまち蜂の巣になった。トイレの便器も粉々に散った。げた箱がある入り口の扉が開いていて、そこから操縦士の顔が見えた。

殺される。げた箱の後ろにしゃがんでいた忠明さんは廊下を駆け出した。
しゃがんでいた場所には自分の後ろに弟の明治君がいた。P51は飛び去った。「だれかがやられた」と声がした。血の海の中で子供がうつぶせに倒れていた。先生たちが応急処置をしようとしたが、手の施しようがなかった。「痛いよ」とだけ言って、事切れた。「あきちゃんだ」とだれかが叫んだ。
記憶はそこで途切れている。(8/31)

第6部 ふる里・八王子 いのり(U) 
血の海に伏せっている弟を見て、自分はどうしたのか。体をさすり、声をかけたのか。それさえも、神尾忠明さん(70)=静岡県富士市=には記憶がない。かすかに脳裏に残っているのは隣保館であった葬式の光景だ。

遺体はリヤカーに乗せられ、火葬場へと向かっていった。だが、どんな人たちが列席していたか分からない。読経も聞いた覚えもない。父はすぐ駆けつけた。その後、母も来た。「来た」ということだけを覚えている。

母はその1年ほど前から肺を患い、床に伏せっていた。薬も手に入らず、体は衰え、無理を押して葬式に来た。品川の家の隣に住んでいた大学生が付き添っていた。その母に連れられて家に戻り、しばらくして母と群馬県の親戚宅に向かった。弟を殺した戦争はいつのまにか終わっていた。

群馬に向かう汽車の中は混雑していた。駅に止まると、米兵がチョコレートを売りに来る。母に頼んだら、一つ買ってくれた。その甘さだけは鮮明だ。記憶がはっきりと残っているのは群馬で暮らすようになってからだった。

「葬式に来た母が遺品のランドセル見つけて、お地蔵さんにかけていたとは、古世古さんに教わるまで知りませんでした」と忠明さんは振り返る。
隣保館にいた頃、先生に「お寺にあまり入らないように」と言われていた。境内で遊んだことはなく、地蔵堂があることも知らなかった。

母がランドセルをかけたお地蔵さんは、たしかに弟によく似ていると思う。その母は翌年の2月28日、我が子の命日が来る前に、病気で世を去った。 (9/1)

第6部 ふる里・八王子 いのり(V) 
あの時、野口晟(あきら)さん(71)=板橋区=は機銃で撃たれた神尾明治君のすぐそばにいた。当時、6年生。明治君の兄の忠明さん(70)と同級生だった。弾丸は明治君の右の背中から左の脇腹へと貫通していた。命中度を高めるため、飛んでくる弾には回転がかけられている。背中の傷は小さいのに、脇腹はえぐられ大きな穴が開いていた。

講堂めがけて撃ち込まれていた弾の一つがそれて下駄箱を突き破り、その後ろにいた明治君を直撃したのだ。弾はさらに廊下の扉をも撃ち抜き、学童たちが寝泊まりしていた部屋の畳の下にめりこんでいた。弾の先端は曲がっていた。扉も血しぶきで染まっていた。その扉に米粒のような白い破片が無数に突き刺さっているのを見た。砕け散った骨片だった。

「おとなしくて、ひとなつこい子でした」と野口さんは振り返る。兄の忠明さんは「あきぼう」と呼んでいたが、みんなの呼び名は「あきちゃん」だった。
野口さんは当時、隣保館の疎開学童30人の班長だった。葬式でいったい何を言えばいいのか、子供心に困ったのを覚えている。

棺(ひつぎ)はリンゴ箱だった。その棺をリヤカーに載せ、薪をいっぱい積み込んだ。当時は燃料を持参しなければ焼いてもらえなかったのだ。リヤカーを先生が引っ張り、児童たちが後ろから押して火葬場へと向かった。
途中、警戒警報で何度か立ち止まった。火葬場ではあまり煙を出さないように長い時間をかけて焼いた。
「悲しみよりも敵意でいっぱいでした」と野口さんは目を閉じた。 (9/2)

 

以上 朝日新聞マイタウン多摩の記事より転載

 

 

 米軍機の機銃操作から逃げ惑う子供たちから操縦士の顔が見えたということは。米軍の兵士も子供達の逃げ惑う姿を確認できたと思います。

 何の罪もない子供達に情け無用に機銃を浴びせた米軍兵士達。虫けら扱いで日本の児童を殺し、飛び去っていった米軍兵士。

 その後、彼らは罪の意識もなく母国に帰って普通の生活に戻ったのでしょう。

 戦後日本の繁栄の陰にこのよな犠牲が沢山あったことを日本人として忘れてはいけません。

 

 

 

東京大空襲・戦災資料センター  いのはなトンネル  空襲の爪跡