丹沢ハイキング

高校の同窓会で、丹沢ハイクに行きました。

 当初、点線のコースを企画していましたが、途中で実線の取尾山から三ノ塔、二ノ塔を経てヤビツ峠に下るコースに変更しました。

 登山のメンバーは11人、リーダーはNHKの登山番組に出演したり、登山に関する著書を数多く出版されている。元谷川岳登山ガイドの松本さんです。中央の赤いシャツを着たおじさんです。外見は50代に見えますが当年71歳です。体力テストをすると、体力は40代、筋力は30代だそうです。

 大倉のバス停前で注意事項を説明する松本さん、みんなうわの空で聞いています。

いざ出発です

 名水で有名らしいけど、水温が高かかったせいか、私はおいしいとは感じませんでした。

鳥尾山登山口

60度近い傾斜もありましたが、みんながんばりました。

 

 

鳥尾山頂上の眺めです。霧が出ていますが、運が悪いのではなく、春から梅雨が明けるまで、ほとんど毎日このような感じだそうです。相模湾からの湿った空気のせいです。

 真ん中の一番高いこぶが今回目標にしていた山、塔ノ岳ですが今回は諦めて、リーダーの判断により反対側の二ノ塔岳に向かうことにしました。

こちらが二ノ塔岳です。

鳥尾山山頂で記念写真を撮りました。一番背が高いのが私です。

せっかく高いところに登ったのに、一度下ってからまた登り始めます。

元気のよいグループに追いつかれてしまいましたので、道を譲りました。

下りは楽だったのに、また斜面を登ります。山の中腹が崩れやすく危ないところです。   

 リーダーの巧みなアドバイスにより、こんな所でも難なく登ることが出来ました。私以外ほとんどの人が60歳を超えているんですよ。

登山途中で、振り返って見た鳥尾山です。

ちょっと油断すれば、命が無くなってしまいます。

二ノ塔

二ノ塔から眺めた三ノ塔

下りも結構疲れました。

蛇も歓迎してくれました。